札幌発 北海道バスツアー 行き先から探す

旬の行き先一覧

富良野
北海道観光の中でも根強い人気を誇る富良野。ドラマ「北の国から」や「風のガーデン」の舞台となった地としても有名。特にラベンダーの咲く初夏から夏にかけては国内外からの多くの観光客で賑わいます。ぶどうの産地としても有名で、ワイン工場を巡って試飲できるバスツアーが催行される場合もあります。牛乳やチーズなどの乳製品の生産も盛んなため、それらを使ったスイーツを楽しむツアーも人気です。広大なぶどう畑を眺めながらスイーツをいただけるカンパーナ六花亭や、富良野の特産品が一同に集まるフラノマルシェへ立ち寄るツアーに参加するとお土産選びが一段と楽しくなるでしょう。
美瑛
丘の風景と花の景色が美しい美瑛町(びえいちょう)。遠くに大雪山(たいせつざん)連峰も見渡せ、北海道らしい景観として隣りの富良野町とセットになったバスツアーが多いです。最近では青い池を訪れるコースも人気です。美瑛の青い池は、近くの白金温泉から湧き出す水が流れ込み、そこに含まれるコロイド粒子によって青く見えると言われています。青い池の中にたたずむカラマツなどの枯れ木とその向こうに見える十勝岳連峰が、なんとも言えない神秘的な景色を生み出しています。
ニセコ
北の積丹(しゃこたん)半島と南の洞爺湖(とうやこ)に挟まれた内陸部の人気エリア。パウダースノーで有名なニセコアンヌプリ山の東側のニセコ町と倶知安町(くっちゃんちょう)をまとめて「ニセコ」と総称することが多いようです。蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれる羊蹄山(ようていざん)を東に眺めることができ、良質な温泉と北海道ならではの雄大な自然を楽しめるエリアとして人気が上がっている場所です。地元食材を使った美味しいスイーツやパン、地ビールなどを提供するお店も増えています。ニセコの道の駅「ニセコビュープラザ」に立ち寄るバスツアーなら、地元食材がまとめて楽しめるので効率的!札幌からは中山峠という峠を越えて向かうことが多いです。この中山峠の道の駅「望羊中山」で販売されているあげいもは大人気フード。バスが休憩で立ち寄ったら是非味わってみましょう!
積丹
積丹半島(しゃこたんはんとう)は小樽の西に位置し、日本海に突き出た形の半島。島武意海岸(しまむいかいがん)や神威岬(かむいみさき)から眺める景観が人気です。昔から漁業が盛んで、特にウニが有名!初夏から夏にかけて旬のウニを味わいにいくバスツアーが組まれることがあります。温泉も豊富なので、海鮮と温泉を楽しむバスツアーがあれば言うことなしです。近くの余市町(よいちちょう)や仁木町(にきちょう)の果物狩りとセットになったバスツアーが企画されることもあります。
北竜町
北竜町(ほくりゅうちょう)は留萌市(るもいし)、増毛町(ましけちょう)の南に位置する内陸の町です。ひまわりの作付面積が日本一で、黄色く咲き誇る広大なひまわり畑を見に行く夏のバスツアーが人気です。
沼田町
沼田町は深川市と留萌市(るもいし)の間に位置する町。北海道では珍しくホタルの飼育に力を入れていて、本州から取り寄せたゲンジボタルとヘイケボタルの野外越冬に成功し、今では「ほたるの里」として沼田の観光資源となっています。
その他、沼田と言えば夏の「夜高あんどん祭り」。これまた北海道で唯一の喧嘩祭りとあって、その猛々しい様子を一目見ようとバスツアーも多く組まれます。
町内の「ほろしん温泉」の入浴で立ち寄るバスツアーもあります。
帯広
帯広市を中心とする十勝地方は、北海道でも有数の畑作や酪農が盛んなエリア。大陸的な大規模農業で行われるため、北海道らしい雄大な風景を目にすることができます。また、全国的にも有名な菓子メーカーである六花亭や柳月、クランベリーの本社が帯広にあり、スイーツを楽しむバスツアーが組まれることも多いです。北海道ならではの競馬、「ばんえい競馬」を行っている帯広競馬場を訪れるツアーも人気です。
池田町
池田町は帯広の西に位置する町で、町営でブドウ栽培・ワイン醸造を行っており、「ワインの町」として知られています。
毎年10月の第一日曜日に「秋のワイン祭り」が開催され、ワイン飲み放題や、道産牛の網焼きや丸焼きが振舞われる人気のイベントとなっています。バスツアーもこのワイン祭りに向かうものが多く企画されます。
大雪高原

定番人気の行き先一覧

札幌市内
札幌市内を周遊する定期観光バスが人気。時計台やクラーク博士像のある羊ヶ丘展望台や大倉山(おおくらやま)ジャンプ台などを巡るコースなどがあります。コースによっては、「白い恋人」の製造を見学できる白い恋人パークや、札幌中央卸売市場の見学、ビール園でのジンギスカン食べ放題などを満喫できるものもあり多種多様です。一日コースや半日コース、夜だけコースなど所要時間によってもいろいろ選べるようになっています。札幌市は2015年に選出された「日本新三大夜景都市」の一つ。札幌市の夜景を楽しむならロープウェイで行ける藻岩山へ向かうバスツアーがオススメです!
小樽
言わずと知れた北海道でも人気の観光都市。札幌の西、車で1時間足らずの近さに位置しますので、札幌に泊まる際にはぜひ小樽まで足を伸ばしてみて下さい。古くから港湾都市として栄え、レトロな歴史的建造物が多く、中でも運河に並ぶ倉庫群は小樽で一番の観光スポットとなっています。小樽観光から新千歳空港へ直接向かう便利なバスツアーもありますよ。
旭川
旭川は、北海道の内陸部にある道内で2番目に人口の多い都市。北海道観光で人気の「旭山動物園」を有する他、人気エリアの富良野や美瑛、層雲峡温泉にも近いことから、北海道観光の拠点として訪れる人も多い街です。最近では、工芸・庭園・茶房などの里として「北の嵐山」というスポットの人気が上昇中。夏に花々が咲き乱れる庭園「上野ファーム」も人気のスポットです。札幌からは車・電車ともに1時間から2時間の距離。
千歳
千歳は札幌の南、太平洋側に近い市。札幌の玄関口である新千歳空港があります。札幌からの人気の観光スポットである支笏湖(しこつこ)も千歳市。その他、アウトレットモール「Rera」や、キリンビール北海道千歳工場を訪れる日帰りバスツアーもあります。また、札幌発のバスツアーの中には、新千歳空港で降車できる片道コースもあります。北海道の最後の日をゆっくりバスツアーで満喫したい道外からの観光客の人にとっては便利なバスツアーとなっています。
支笏湖
支笏湖(しこつこ)は、札幌の南方、千歳の西に位置する湖。透明度が高く、摩周湖やバイカル湖に匹敵するほどとまで言われています。水深が深いため凍りにくく、日本最北の不凍湖としても知られています。支笏湖のまわりにはビジターセンターやキャンプ場、温泉施設などがあり、観光地としても人気が高い場所です。
ところで「チップ」と呼ばれるお魚をご存知ですか?これはヒメマスのことで、北海道ではアイヌ語由来の「チップ」という愛称で呼ばれています。このチップですが、支笏湖では夏の間が解禁期間となり、湖畔の御食事処で美味しいチップ料理をいただくことができます。この時期にバスツアーで訪れたら是非とも味わってみてください。お刺身でも焼き魚でも美味しいですよ。
なお、冬の期間は、透明度の高い湖水を利用した「支笏湖氷濤まつり」というイベントが開催されます。特に、ライトアップされた夜の幻想的な風景がオススメです。毎年バスツアーも催行されるので、冬に札幌へ訪れたらバスツアーで支笏湖まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。冬の夜の湖畔は寒いので暖かい服装をお忘れなく!
苫小牧
千歳空港の南方に位置する太平洋に面した工業都市、港湾都市。王子製紙や日本製紙などの製紙業や、自動車部品製造業、石油コンビナートなどの工場が立ち並ぶ街です。工場見学のツアーが人気なのと、特産のホッキ貝をいただくツアーも人気です。また、千歳空港の近くにあるノーザンホースパークを訪れるバスツアーが催行される時もあります。ノーザンホースパークは「競走馬のふるさと」としてサラブレッドの飼育を行いながら、観光客が馬とのふれあいを楽しめる場所です。往年の競走馬もいるため競馬ファンに人気です。
層雲峡
層雲峡は北海道の大雪山(たいせつざん)連峰の北にある渓谷。断崖絶壁の渓谷美を楽しめる他、層雲峡温泉は北海道有数の温泉街として道内でも人気が高い場所です。特に秋の紅葉のシーズンには多くのバスツアーが組まれ、たくさんの人が訪れます。冬は氷瀑まつりが有名で札幌からも日帰りバスツアーで行くことができます。
登別
北海道で最も有名な温泉の一つが登別温泉。多くの温泉ホテル、温泉旅館が軒を連ねる昔からの温泉街です。温泉街の近くには地獄谷や、ロープウェイ、くま牧場、倶多楽湖(くったらこ)などの観光名所が点在し、宿泊以外でも楽しめます。札幌から新千歳空港を経由して、登別温泉に観光付きで向かう便利な片道ツアーもあります。
洞爺湖
洞爺湖(とうやこ)の湖岸には洞爺湖温泉があり、北海道有数の観光地として有名。隣の壮瞥町(そうべつちょう)にある有珠山(うすざん)や昭和新山への観光拠点として訪れる人も多い場所です。2008年に行われた北海道洞爺湖サミットの会場となったウインザーホテルでランチを楽しむバスツアーなどもあります。
美唄
美唄(びばい)は札幌と旭川の間にある市の一つ。かつては美唄炭鉱で栄えた石炭の町です。芦別(あしべつ)や赤平(あかびら)、歌志内(うたしない)、砂川、滝川、岩見沢を訪れるバスツアーのコースの中で立ち寄る場合があります。「青の洞窟温泉」で知られる「ピパの湯ゆ〜りん館」に入浴するコースが多いです。

その他の行き先一覧

京極
京極は蝦夷富士「羊蹄山」の東の麓に位置する町です。羊蹄山からの伏流水が湧き出る「ふきだし公園」が観光名所。美味しい水を求めて多くの人が様々な容器を持って訪れる場所です。公園全体の豊かな自然も魅力の一つです。
余市
小樽の西、積丹半島(しゃこたんはんとう)の付け根に位置する余市町(よいちちょう)は、果物栽培が盛んで、隣りの仁木町(にきちょう)と同じく、果物狩りのバスツアーが組まれることが多いです。特にぶどうや、りんご、梨の生産量は北海道一で、余市ワインや余市のりんごジュースは道民の間でもたくさんのファンがいるほどです。また、余市町は日本海に面しており、漁業も盛んなことから美味しい魚介類もいただけます。さらに、ニッカウイスキーの創業地としても有名で、創業時代の面影を残す蒸留工場を訪れてウイスキーを試飲するバスツアーもあります。2014年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」は、ニッカウイスキー創業者である竹鶴政孝とその妻リタをモデルとしたドラマで、余市の蒸留所でもロケが行われました。バスツアーなら気兼ねなくウィスキーの試飲ができるので、積丹方面に行くバスツアーがあれば、余市の蒸溜所に立ち寄るかどうかチェックしてみることをお勧めします。
恵庭
恵庭市(えにわし)は、新千歳空港のある千歳市と札幌市との間にある市で、札幌のベットタウンとして見られることが多いですが、北海道ならではの観光スポットもたくさんあり、バスツアーの行き先として組み込まれることも少なくありません。様々な自然体験が楽しめる農園型施設の「えこりん村」や、道の駅「花ロードえにわ」、恵庭温泉ラ・フォーレなどなど。サッポロビールの工場も恵庭にあり、工場見学と試飲のツアーが人気です。
旭岳
旭岳は北海道内陸中央に位置する大雪山(たいせつざん)連峰の主峰で、標高2,291メートルの北海道最高峰の山。
標高およそ1,100メートルの旭岳温泉からロープウェイで1,600メートル地点まで登ることができ、周辺の姿見の池などを散策して高原植物など楽しむことができます。紅葉のシーズンは超人気スポットとなります。
夕張
夕張は北海道の中央部に位置し、かつて石炭の町として栄えたことと夕張メロンの名前で全国的に有名な街です。マウントレースイの温泉を楽しむバスツアーで行程に組み込まれることが多いです。夕張メロン食べ放題付きのバスツアーが組まれることもありますよ。
秩父別
秩父別(ちっぷべつ)は深川市と留萌市の間にある内陸の町です。アイヌ語の「チクシベツ」(通路のある川)が語源とされています。
バスツアーでは、町内にある「ローズガーデンちっぷべつ」や「秩父別温泉」に立ち寄るものがあります。
有珠
有珠(うす)は、伊達市有珠町を指す場合と、伊達市に隣接する有珠郡を指す場合と、近くの有珠山を指す場合とがあります。有珠山は2000年に噴火を起こし、そのニュースが記憶にある人も多いでしょう。
バスツアーでは、伊達市有珠町にある有珠善光寺に行くお花見ツアーが人気です。有珠善光寺は、銘木「石割り桜」などおよそ1000本の様々な種類の桜が順を追って咲くことから、北海道有数の桜の名所となっています。
真狩
真狩村は蝦夷富士「羊蹄山」の南麓に位置する村です。羊蹄山からの湧き水がこんこんと流れ出る「湧水の里」の他、北海道洞爺湖サミットで有名になったフレンチが味わえるオーベルジュ「マッカリーナ」に向かうバスツアーが人気です。
芦別
芦別市(あしべつし)は、かつて炭鉱業で賑わった空知エリアの市です。観光では、赤毛のアンの世界をテーマにしたカナディアンワールド公園や、大橋さくらんぼ園での果物狩り、芦別川の名勝「三段滝」が人気です。バスツーでは、市内にある滝里ダムの見学やや大橋さくらんぼ園でのサクランボ狩りが企画されることがあります。
滝川
滝川市は札幌と旭川の間にある市の一つで、味付けジンギスカンで有名な松尾ジンギスカンの本社がある街です。周辺の芦別(あしべつ)や赤平(あかびら)、歌志内(うたしない)、砂川、美唄(びばい)を訪れるバスツアーで立ち寄る場合があります。菜種の生産が盛んで菜の花畑の作付け面積は日本最大級であり、春のシーズンにはその黄色く広がった景色が新たな観光地として注目されています。
門別
今は日高町に属する旧門別町地区はししゃも漁が盛んな地域で、毎年秋にはししゃもの収穫を祝う「ししゃも祭り」が開催されます。
仁木
仁木町(にきちょう)は小樽の西に位置し、果物の栽培が盛んな町。ぶどう狩りやさくらんぼ狩りが楽しめ、すぐ北にある余市町のニッカウイスキーの工場見学や、積丹半島の海鮮や小樽の寿司などを同時に楽しむツアーが人気です。きのこと北海道物産をテーマにした「きのこ王国二木店」もツアーに組まれることがあります。