春の絶景積丹岬コース 2017

バスツアー概要

積丹半島の絶景ポイントを訪れ、地元の新鮮な海の幸も堪能できる北海道バスツアーの中でも人気のコースです。

積丹半島では島武意海岸(しまむいかいがん)と神威岬(かむいみさき)を訪れます。これらは、北海道遺産にも選定されている積丹半島の二大絶景ポイントです。切り立った断崖絶壁や奇岩の風景と、美しい積丹ブルーの海岸美は北海道観光の風景写真でも頻繁に登場するほどです。

また、積丹半島と言えば美味しい海の幸が豊富な味覚のスポット。良質な漁場として古くからニシン漁が盛んで、今でもホッケや甘エビ、生ウニ、アワビなど北海道ならではの美味しい海鮮がいただけるところです。

バスは朝8時20分に札幌駅前バスターミナルを出発して、小樽方面へ向かいます。小樽では小樽駅前バスターミナルに停車するので、ここから乗車するこも可能です。

そしてまずは余市の道の駅に立ち寄り休憩を取ります。道の駅余市は「スペース・アップルよいち」という名称が付けられています。これは、宇宙飛行士の毛利衛さんが余市町出身であることと、フルーツの生産が盛んなことからきています。

そしてバスは積丹半島に入り、まず島武意海岸を見学します。その後、昼食会場である「鱗晃荘(りんこうそう)」で、地元の食材をふんだんに使った食事をいただきます。

食後は神威岬にバスで向かいます。神威岬の美しい海岸を散策して楽しみましょう。

神威岬のあとは、岬の湯しゃこたんを訪れ温泉を楽しみます。

最後は、積丹半島を後にして再び余市に戻り、「ニッカウィスキー余市工場」でウィスキーの蒸溜工程の見学と試飲を楽しみます。

ニッカウィスキーと言えば、創業者である竹鶴政孝・リタ夫妻をモデルとしたNHK連続テレビ小説「マッサン」が放送されてましたね!ドラマを思い出しながら見学を楽しんでください。

札幌へ帰ってくるのは18時30分ごろの予定ですが、途中小樽で降車することもできるので、小樽に宿泊する人にとっても便利な定期観光バスとなっています。

島武意海岸(写真提供:積丹観光協会)

島武意海岸(写真提供:積丹観光協会)

神威岬(写真提供:積丹観光協会)

神威岬(写真提供:積丹観光協会)

岬の湯しゃこたん(写真提供:積丹観光協会)

岬の湯しゃこたん(写真提供:積丹観光協会)

バスツアー情報

タイプ 日帰り
料金 7,900円
行き先 余市  積丹  
キーワード 定期観光バス  温泉  海鮮  試飲  道の駅  工場見学
主催会社 北海道中央バス
期間 2017年4月15日 〜 2017年5月14日

出発日

※カレンダーは横にスクロールします

2017年4月
1
非催行日
2
非催行日
3
非催行日
4
非催行日
5
非催行日
6
非催行日
7
非催行日
8
非催行日
9
非催行日
10
非催行日
11
非催行日
12
非催行日
13
非催行日
14
非催行日
15
催行日
16
催行日
17
催行日
18
催行日
19
非催行日
20
催行日
21
催行日
22
催行日
23
催行日
24
催行日
25
催行日
26
非催行日
27
催行日
28
催行日
29
催行日
30
催行日
2017年5月
1
催行日
2
催行日
3
催行日
4
催行日
5
催行日
6
催行日
7
催行日
8
催行日
9
催行日
10
非催行日
11
催行日
12
催行日
13
催行日
14
催行日
15
非催行日
16
非催行日
17
非催行日
18
非催行日
19
非催行日
20
非催行日
21
非催行日
22
非催行日
23
非催行日
24
非催行日
25
非催行日
26
非催行日
27
非催行日
28
非催行日
29
非催行日
30
非催行日
31
非催行日
2017年6月
1
非催行日
2
非催行日
3
非催行日
4
非催行日
5
非催行日
6
非催行日
7
非催行日
8
非催行日
9
非催行日
10
非催行日
11
非催行日
12
非催行日
13
非催行日
14
非催行日
15
非催行日
16
非催行日
17
非催行日
18
非催行日
19
非催行日
20
非催行日
21
非催行日
22
非催行日
23
非催行日
24
非催行日
25
非催行日
26
非催行日
27
非催行日
28
非催行日
29
非催行日
30
非催行日

上記の情報は当サイトによる独自の紹介情報です。不正確な記述や、情報の欠落などが含まれる場合がありますので、お申込みの際などは、必ずツアー会社さんの正式な情報をご確認ください。

ツアー会社情報

主催会社 北海道中央バス
WEBページ http://teikan.chuo-bus.co.jp/course/286
電話番号 011-231-0500